コーヒー=苦いじゃない!?ハワイのカウコーヒーその味と特徴とは?

カウコーヒー

「コーヒーは苦手」「ブラックコーヒーじゃなきゃ飲める」そんな声をよく聞きます。
理由を聞くと大半が「苦いから」です。しかし、そんなことはありません。
「これなら苦くなくてブラックでも飲める!」という感想をよく聞くのが、コーヒー通のなかで今話題のハワイのコーヒー『カウコーヒー』です。

「カウコーヒーってなに?牛のコーヒー?」そう勘違いしてしまう方が多いのではないでしょうか。
カウコーヒーは、ハワイ島の南部に位置するカウ地区で作られているコーヒーのことです。
カウコーヒーは苦味が少なく、上品な甘さが特徴です。
スッキリとしていて飲みやすく、現地の方々もお茶のようにゴクゴク飲めてしまうコーヒーと言っています。
また、ブラックで飲むのがおすすめなカウコーヒーですが、苦味が少ないのにコクはしっかりしている。カフェラテで飲むのもおすすめなのです。

「じゃあお店に行って飲みたい!どこで飲めるの?」ってなりますよね。しかしこのカウコーヒー希少なコーヒーなため、なかなか取り扱っているお店が少ないんです。。。
あの有名なコーヒーチェーン店のスターバックスさんですら全国で約60店舗ほどでしかないリザーブ店でしか取り扱ってません。
でも通販ショップでならカウコーヒーは購入することができます。
カウコーヒーを購入できるおすすめの通販ショップはこちら↓になります。


取り扱っているお店を見つけたら、ぜひ一度飲んでみてはどうでしょうか。
きっと「コーヒー=苦い」というのが変っていくのでしょう!